こんばんは☆彡

先日、現在京セラ美術館で開催されている、
古代エジプト展 天地創造の神話
に行って来たので、そのことについて書いていきたいと思います♪

このエジプト展は、ベルリン国立博物館所蔵のモノの展示になりますが、現在、ライデン国立古代博物館所蔵のエジプト展も開催されていますよね。
そちらも行きたいとは思っているのですが、関西は秋に兵庫県での開催なんですよね…。
遠いので、どうしようかと悩み中です。

余談ですが、私は学生時代、世界史を専攻していたこともあり、この手の展示会は大好きです(^▽^)/

 

さて、そんな今回私が行った、
ベルリン国立博物館所蔵
『古代エジプト展 天地創造の神話』
ですが、みどころは。
世界の始まりは混沌とした原初の海「ヌン」であった。
その海から、すべてのものが生まれ、育まれた。
しかし、世界の終りがやってくると、すべてのものは再び原初の海へ飲み込まれていく…。
古代エジプトの神話には、このように壮大な生と死のサイクルが描かれていたことをご存知でしょうか?
本展では、そんな古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」を、ドイツ・ベルリンにある、「ベルリン国立博物館群エジプト博物館」のコレクションの中から選りすぐった約130点の作品で展覧いたします。

展示構成は、第1章「天地創造と神々の世界」、第2章「ファラオと宇宙の秩序」、第3章「死後の審判」というテーマで、古代エジプトにおいて世界はどのように生まれたと考えられていたか、日本では単なる王様という印象を持たれていることが多いファラオが担った最重要の役割とは何だったのか、そして、古代エジプトの人々は死後どのようになると信じていたのか、をご紹介いたします。
(文章引用元:古代エジプト展 天地創造の神話 | 京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト (kyotocity-kyocera.museum))

そして、ベルリン国立博物館群のエジプト博物館とは、
ベルリン国立博物館群は、ドイツの首都・ベルリンに流れるシュプレー川に浮かぶ「博物館島」にある5つの博物館を中核とする総合博物館群です。プロイセン王国歴代のコレクションを礎とし、先史時代から現代にいたるまで、世界的な規模と質を誇るコレクションを擁しています。

さらに、第二次世界大戦や東西ドイツ分裂の時期を経て、1999年には「博物館島」全体がユネスコの世界文化遺産に登録され、2000年代からは各博物館の改築やコレクションの整理が急ピッチで進められています。
エジプト博物館は、「博物館島」にある5つの博物館のうち、2009年に改修を終えた「新博物館」内にあり、世界で最も有名な女性像の一つとして知られる「ネフェルトイティ(ネフェルティティ)の胸像」を所蔵している博物館として有名です。
紀元前3000年頃の動物の彫像から、古代エジプトに終焉を告げたローマ皇帝の肖像まで、壮大なエジプト史を網羅する同館のコレクションは、17世紀のブランデンブルク選帝侯の所蔵品を発端とし、その後のプロイセン王が主導した発掘や購入により、世界有数のエジプトコレクションとなりました。とりわけ、宗教改革によって個性的な芸術が生まれたアマルナ時代の充実した所蔵品と6万点にものぼるパピルス・コレクションは必見です。
(文章引用元:古代エジプト展 天地創造の神話 | 京都市京セラ美術館 公式ウェブサイト (kyotocity-kyocera.museum))

 

私が行ったのは平日のお昼頃だったのですが、結構人が多かったです。

そして、展示室自体、そこまで広くはないこともあり、正直、展示物をゆっくり観ることはできませんでした(><)

ここでちょっと愚痴言わせてください。
展示物はカメラ撮影OKだったのですが、今回私は写真は撮りませんでした。
それは、人が多かったから。

撮影はOKだから、写真を撮るのは自由ではあります。
それは私も理解しています。

でも、自分が納得いくまで、そこにずっと居座って写真撮りまくる人…はっきりいって邪魔です。

人が多い時は、パっと撮って、そこをはけて欲しいです。

他の人たち(私含む)は、その展示物を観るのを待っているのです。

空気読んでほしいです。

 

はい。
愚痴終わりです(`・ω・´)

 

そんなワケで、人が多かったこともあり、
「じっくり鑑賞」
は出来ませんでしたが、日本初上陸の展示物が多く、とても興味深く楽しませてもらいました♪

そして、私は展示物の撮影はしなかったこともあり、記念に展示されていたモノのポストカードと、あとバステト女神座像の可愛いマスキングテープを購入しました!

それがコチラ↓


あとですね、今回、面白いモノがありました!

それが、このフォトコーナー\(^o^)/

今考えると、どんなモノか、機械を写真撮ってくればよかったなぁ(><)と思うのですが、すごく簡単に説明すると、
「オープンなプリクラ機」(笑)

記念になると思ったので、私も撮ってきました♥
好きな背景が選べます。

これ、「京セラ美術館」や日付が入っているので、エジプト展に行った記念になりますよね♪

こういうサービスって、最近の美術館では結構導入されているのでしょうか?

私は、今回初めて知り、又、利用しました!

 

ちょっと愚痴も入ってしまいましたが、でも、いい時間を過ごせました。

やっぱり美術館好きです♥

 

ちなみに、このエジプト展は、京都の後は、静岡と八王子で開催されるみたいですので、お近くにお住まいで、エジプト好きさんは行ってみるといいと思います♪

 

それでは今回はこの辺で!凪でした!