こんばんは☆彡

今日は、昨日(5/27)に念願の京都市京セラ美術館に行って来たので、そのことを記事にしたいと思います(⌒∇⌒)

京セラ美術館は、以前は京都市美術館でした。
それを改修&増築しリニューアルオープンした美術館。
(設計:青木淳・西澤徹夫 共同設計体)

本来なら、3/20に開館予定だったのですが、コロナの影響で延期になり、6/26に開館となりました。
※当面の間は、京都府民のみの予約制。

 

私は、その開館記念展である『瑠璃の浄土』(杉本博司)を凄く楽しみにしていたので、開館がいつになるのか、ウズウズしながら待っていました!

今日は、そんな京セラ美術館の、主に写真を中心に紹介していきたいと思います♪

まずは外観から。

 

 

 

絵になる建物ですね(o^―^o)

夜になるとライトアップもされるそうなので、それも自分の目で見てみたいです!

 

そして庭園には、杉本博司さんの「硝子の茶室 聞鳥庵」が設置されています。

 

 

これって、『瑠璃の浄土』の期間だけなのかな?
それとも常設なのかな?
どこら辺は分からない(><)

 

素敵なテラスも出来ていましたよ♪

 

そして、美術館の中はというと、、、

この階段を上ると、

この中央ホールに。
真っ白な空間です。

ちなみに、この中央ホールを2階から眺めると、こんな景色です。

現在予約制ということもあり、人があまり居ないです。
写真を撮るには、ある意味ラッキーだったのかもしれませんね。

そして、中央ホールらせん階段から下ります。

 

 

次に、

ここは京都賞コーナー
ここを抜けると、念願の『瑠璃の浄土』が開催されている東山キューブという会場に行けます。

瑠璃の浄土』については、次の記事に書こうと思います。

 

瑠璃の浄土』鑑賞後は、グッズを買ったのですが、そのグッズを紹介します。
※『瑠璃の浄土』関連のグッズは後日の記事にて。

 

京セラ美術館のオリジナルグッズを監修したのは、「ビームス創造研究所」。
どれも「ビームス」らしいスタイリッシュなデザインでしたが、私が購入したのはコチラ↓

…。
安定のカメラ下手が発揮されていますね(苦笑)

小箱のものは干菓子。

こちらは、京都の御菓子司「亀屋則克」とのコラボになります。

そして、左の長方形のものはクリアファイルです。
何も書いてないように見えますが、
ちゃんと中央に、こんな感じの文字があるのです。

 

そして、勢いでTシャツも購入しちゃいました(*´∀`*)
Tシャツは2種類あったのですが、私はこちらを購入しました。
2種類とも、後ろが少し長くなっているのが何気に嬉しい♪

サイドに控えめな文字。

そして、私が買う決め手となったのがコレ↑
後ろの首元の部分に、可愛い字体の「京」の文字♥

(∀`*ゞ)エヘヘ

 

そして驚いたのが、ショッパー。
オシャレなデザインの布のショッパーだったのです!

これにはビックリ!
普通、美術館のショッパーって、ビニールのものがほとんどじゃないですか?
それが、これですよ!

ちょっと縫製は甘めではあったけど、これはかなり嬉しいです\(^o^)/

っていうか、これが常時そうなのか、はたまた「~以上お買い上げの方のみ」なのか、開館記念限定なのか…、私にはさっぱり分かりません(笑)

 

まぁ、そんな感じで、ザっと京セラ美術館について書いてみました!

 

京セラ美術館について詳しく知りたい方は、『カーサブルータス 4月号』を買うのを強くオススメします(`・ω・´)

もちろん私も、これを読んで予習して向かいました♪

そして、美術館のミュージアムショップ「ART LAB KYOTO」も、ちゃーんと飾って売ってましたよ♥

 

それでは今回はこの辺で!凪でした!